カテゴリ:2旅行の豆知識クイズ( 2 )

6:旅行の豆知識クイズ

1:国内航空運送で付き添い人のいない傷病者を搭乗拒否出来る。答え

2:付き添い人のいない8歳以下は搭乗拒否出来る答え

3:航空会社は持込手荷物その他の旅客が携行し又は装着する物の損害は一切、賠償責任は無い答え

4:オープンチケットは発行日から起算して90日間有効である。答え

5:手荷物運送における航空会社の責任は手荷物1個につき15万円が限度である。答え

6:航空券購入後、航空運賃又は料金が値上げされても値上げ後50日間は購入時に有効な運賃、料金が適用される。答え

7:航空会社は12歳以上の旅客に同伴された座席を使用しない3歳未満の運送を無償で引き受ける答え

8:旅客が病気ため旅行不可能となった場合、航空会社は当該旅客の航空券又は航空引換証をその有効期間満了日より30日を限度として延長することができる。答え

9:航空運賃、料金は最低限の安全確保の為、行政庁の認可がいる。答え

10:手荷物到着後14日間を経過しても引取りがない場合には航空会社は当該手荷物を旅客の負担で適宜処分することがある。答え

by hara626 | 2015-06-30 19:02 | 2旅行の豆知識クイズ | Comments(0)

5:旅行の豆知識クイズ

1:フェリーには手回り品を2個に限り船室に持ち込む事が出来る。答え

2:フェリー会社の乗客に対して損害賠償する責任は離岸から接岸までが責任期間である。答え

3:カーフェリー :乗用車航送運賃には運転手の運賃も含まれて表示される。答え

4:貸切バスの契約はバス会社が乗車券を旅行者に渡した時に成立する。答え

5:貸切バス会社に直接、バスを注文した○○会社の慰安旅行の幹事が日付を間違えてバス会社に伝えた、バス会社はそのまま乗車券の券面に記載した配車日時に交通量の多い駅前に配車したが幹事と連絡が取れなかった。出発時刻から30分経過しても連絡がつかないときは当該車両について当該運送契約に係る運送の全部が終了したものとみなすことができる。貸切バス料金は発生します。答え

6:大阪の母親が東京行の企画旅行に参加した。東京にいる娘さんとランチを取るために行程から離脱したが夕食時には再び工程に参加した場合、あらかじめ旅行会社に離脱の目的、予定の日時、復帰の予定時を伝えていれば企画旅行参加中とみなされる。答え

7:企画旅行でレストランが夕食時に記載されていたがレストランが過剰予約受付をしていた、しかし、旅行業者がワンランク上のレストランを同一料金で提供したので変更補償金の対象にはならない答え

8:企画旅行で利用予定ホテルAを現地でホテルBに変更した、変更補償金ではなく損害賠償の責任を問える答え

9:旅行者の手荷物について生じた損害に対する賠償は旅行者1名につき?円を限度とするか?答え

10:旅行者の身体の損害について損害賠償通知期限は損害発生の翌日から起算して?年以内か?答え

by hara626 | 2015-06-26 10:37 | 2旅行の豆知識クイズ | Comments(0)